セミナー・見学会

TOP > 国産材コラム > 気持ち次第でチャンスあり

国産材コラム

気持ち次第でチャンスあり

暮し方上手

私も50歳半ば。体調というか身体の働き?が以前と変わってきていることを実感しています。

 

ちょうどコロナ前に体調が優れない日が続き、もしかして…と思い血圧を測ると少し高め。

 

母が同じく50歳代で高血圧になり、亡くなるまで血圧を下げる薬を服用していました。母は胃腸が弱く薬も負担で苦労していたので、私はその薬を飲むことにとても抵抗があります。

 

その時はまだ少し高いだけだったので真剣に調べることなく、今思い返すと、コロナで一時期仕事のペースが緩くなり、長女と一緒にウォーキングする時間も増えたためか、自然と体調も戻っていきました。

 

しかしこの春頃から、再び体調が優れず疲れがとれない感じが続いて、更年期かなぁ…と思いつつ、7月に夫から「血圧測っている?」と聞かれ恐る恐る血圧を測ると前より高く、慌てて薬を使わず血圧を下げる方法を調べました。

 

心を決めてできることから実践し、最近やっと血圧はほぼ正常値まで下がり、ひと安心しているところです。

 

そんな折、海外に住む友人がSNSで紹介していた建築家・安藤忠雄さんのインタビュー記事に、思いがけず励まされました。

 

79歳になった安藤さんは、ガンの手術で2回に分けて5つの臓器を摘出されているにも関わらず、ガンを患う前より体調がよいそうです。理由は、主治医に「2つだけ守ってもらえれば、元気に過ごせます」と言われ実践されているからです。

 

ひとつめは消火器系の内臓負担を軽減するために食事をよく噛み40分かけること。『耳が痛い』という人も多いと思いますが、日本人の平均食事時間は10分。案外できていないことなんです。

 

ふたつめは、1日1万歩は歩くこと。これは私も今、できる限り実践しています。これも意識しないとできないでしょう。

 

そして何より励まされたのは、安藤さんがご自身の事務所の所員さん(50歳)に掛けられた言葉。「今から新しいことを始めても80歳までまだ30年ある。気持ち次第で、これから先いくらでもチャンスはあるよ」

 

老いを感じ始める50歳代。身体だけでなく心も老いていきそうになりますが、今の私にとても沁みた言葉でした。何事もあきらめずにがんばりましょう!

 

(「木族」2021年10月号より)

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.