国産材コラム

TOP > 国産材コラム > 朴訥の論

国産材コラム

「朴訥の論」コラムの記事一覧

働き方改革って

朴訥の論

取引きしている製材所や森林組合などから土曜日は休業にする旨の通達が入った。追いかけるようにサッシや新建材の商社などからも休日や営業時間についてのお知らせが相次いでいる。

 

2019年4月から施行される働き方改革法案に対しての動きであろう。ここ数年前から大工さんをはじめとする職人さんの労働時間も8時間が定着している。まず働きたくても夕方6時を過ぎれば近隣からの苦情が入り、働ける状況には至らない。昭和を生きた者にとっては嘘のような話だ。工期が迫れば夕方7時台であっても投光器を点け作業の手を休めなかったものだ。

 

斯く言う筆者も「いつ休むんですか」と問われることがあるが、思えば10年前まではスタッフ共々土日のイベントなどもあり、なかなか休めないというのが実情だった。代休を促しても、「代表が休まないので休みにくい」と言う。最近はできるだけ休日のイベントを避けているが、本人の体力が落ちたこともスタッフにとっては気分的に楽になったようで、何が功を奏すかわからない。

 

仕事は乗っているときは面白いほど捗るが、何かに行き詰まると遅々として進まない。

 

消費税増税と昨年の地震と台風のあおりで、施工件数が消化されていない上に屋根工事、板金、金属建具、解体工事など職人不足もあって工事が追い付かず立て込み状態が続いている。業種によっては半年前に提示した見積もり金額が、修正を要する程の値上がりを見せている。

 

こんな時に働き方改革もないもんだ、とぼやいても時代の流れには抗いようもない。働き方改革ばかりが先行し、実際働く人がどこまでの覚悟を持って臨んでいるかは今一つ釈然としない。

 

作業時間と仕事内容が以前と同じペースで進むのであれば、何ら改善には至らない。よほど時間への認識を持ち効率よく仕事をこなす仕組みを打ち出さない限り、実質をともなった働き方改革とはならない。

 

建築士事務所民家の現場監督として新人が加わった。現場監督という仕事もどちらかというと敬遠される仕事かもしれないが、昔から現場監督は段取り八分と言われるように、二手三手先を読んだ動きで解消されることも多い。民家も設立より39年目を迎えるが、また新しい風が吹くことを期待している。

 

(「木族」2019年4月号より)

新年号に向かい

朴訥の論

平成も余すところ3ケ月となれば名残惜しくもあるが、振り返れば自然の猛威をして人の弱さと強さを思い知った30年であった。

 

年号が変わるといえば思い出すことがある。昭和63年の年末に某新聞社へ新年度のイベント案内に伺った折、社会部の記者から昭和天皇が崩御されればこの紹介記事は紙面の都合で載らないと言われ、ひたすら無事を願ったが、記者の言葉通り紹介記事は敢え無くボツとなり、苦い経験として残った。

 

平成6年には竹中前理事長が亡くなり、悲しみが癒えぬ間に阪神淡路大震災が追い打ちをかけ「まだ事業を続けますか」と問うスタッフを鼓舞し、今日に至っている。

 

あれから30年、当時と比べれば国産材の品質は比較にならないほど向上しているが、それでも国産材の利用推進を続けるうえで、セミナーや見学会を止められない訳がある。

 

杉やヒノキの無垢材は余程しっかり生活者にレクチャーをしない限り、新建材と同じ感覚で受け止める方も多く、こんな筈では無かったと言われることもある。

 

それが証拠にセミナーや見学会に参加され、リフォームや新築をされた方からクレームが出ることは殆ど無いが、セミナーを受けられずに住まいづくりをスタートした方に、節やキズに対して違和感を持つ方が多い。

 

新建材と違い、木材は1つとして同じものは無く、癖もそれぞれで板材はつくり置きが出来ない。加工して長期間置いておくと反りや割れが生じることもある為、受注してからの生産となり、時間もかかるなど生産者にとれば難しい代物である。

 

 

また施工上の問題として床鳴りなどがあるが、木造住宅であれば床面を支える部材(大引き、根太)を調整すれば簡単に補正できるところ、フローリングの床に杉板などを増し張りする場合、些少の床鳴りが生じることがある。

 

特にマンションに杉板を張る場合、床を全て剥がし、防音処置をしたうえで行うが、予算面と天井高の関係でフローリングの上に直接増し張りをすることがある。マンションのフローリングはコンクリートに直貼りが多く、下にフエルト状のクッション材が敷かれている。その上に板を張れば当然フワフワし、板同士が擦れ床鳴りとなる。生活に支障のない程度であれば寛容に願いたいものだ。

 

セミナーは1000回をゆうに越えたが、新しい年号に向かい、門を叩く人がいる限り、又、新たなる心構えで挑み続けたい。

 

(「木族」2019年2月号より)

 

想いの繋がる人に譲りたい

朴訥の論

12年前に京都で家を建てたY様のご子息から、図面のコピーが欲しいという依頼があった。2年前にお父様が亡くなり、その家を売りに出したところ、すぐに買い手がつき、話がまとまったと喜ばれた。

 

当時Y様は、夫人が大阪市内で美容室を営み、ご自身の仕事も忙しく京都の家はもっぱら週末住宅として利用されていたようだ。建築計画にあたってはY様が積極的に打合せをされていた。予算内に収めるため設計者と共に頭を痛め、一階を主体に考え、二階を極めてシンプルに間仕切りを最小限に抑えた。

 

数日後、Y夫人から連絡があり、購入されるM様が京都の家を大変気に入り、建てた工務店にリフォームを依頼したいということだった。話はどう繋がるか分からない。

 

1週間後、M様が事務所に来られ家を受け継ぐ喜びを語っておられた。中1の息子さんの念願である犬が飼える事、その為のデッキが欲しい、シューズクローゼットにキッチンの棚、二階に物干し台など住み勝手に合わせたリフォームを考えておられるようだ。

 

そういえば数年前にも豊中で同じような話があった。ご長男家族と同居の為、建てた家を手放すに当たり不動産屋さんに言われたのは「特殊な家だから売れにくいかもしれません。」土壁に真壁工法は特殊に感じたようだが数日で買い手がつき、今も良いつながりを保っている。

 

長い人生にアクシデントは付きもの、当初の計画通りに行かない時もある。一生懸命に建てた住まいを手放すこともあるが、出来ることなら大切に住み継いで欲しいと願うのは当然であろう。不動産屋の話では買い手が別の人であれば解体する運命であったらしい。

 

Mさんと繋がったのも運が味方しているが、住み継ぐ人に愛されるほど幸せな家はない。その家に関わった人全てを幸せにする。

 

 

 

日本の古民家は世界一と語るのは新潟県竹所に棲むドイツ人建築家カール・ベンクスさん。ドイツで一度会った東山魁夷(日本画家)の言葉「古い家の無い町は、想い出の無い人間と同じ」を座右の銘とし、竹所の古民家を次々に改築し、過疎の村は人口と活力を取り戻しているという。

 

日本の古民家の技術は世界一であり、その技術を持つ大工が少なくなった今、古民家改修で先達の技術を学ぶチャンスが生まれる、まさに一石二鳥。

 

思いを込めて建てられ大切に住み継がれた住まいには、不思議なくらいそれぞれの想いも感情も繋がっているようだ。

 

(「木族」2018年12月号より)

山林のさだめにも似て

朴訥の論

日本の四季は多くの文化を生み誇れるものだが、年々春秋を愛でる期間が減少しているかに感じる。数年前から地殻変動の活発化が懸念されてはいたが、最近の地震の惨状は目を疑うものばかり、特に北海道胆振東地震の山の崩落映像は立ち眩みを覚える衝撃だった。

 

今年6月に起きた大阪府北部地震(M6強)で罹災した家屋の修復がまだ終わらない内に、追打ちをかけて9月に日本列島を襲った台風21号は第2室戸台風並みの威力で、樹木も家も車もなぎ倒した。

 

出入りの屋根屋さんに相談を寄せている被害相談は、地震時の200件に、台風による300件を合わせて500件に昇る。建築士事務所民家への検査依頼も35棟を超え、スタッフは応急処置のブルーシート張りに追われた。

 

 

木造住宅講座でコストやメンテナンス性を考えて、複雑な形状の屋根はやめた方が良いと伝えていたが、それを証明する結果となった。切妻屋根であれば棟瓦や平瓦に被害があっても比較的に補修はし易いのだが・・・。

 

 

台風の直撃を受けた須磨の親戚宅も被害が大きく、築43年の屋根は棟瓦も飛散し酷い雨漏りにみまわれた。形状が複雑で谷が多く、浜風による塩害か鈑金の劣化もあり葺き替えを勧めたが、子供達も独立し遠方で暮らす為、一代限りで売却することになり、屋根の修復に莫大な費用はかけたくないと言う。

 

近年の瓦屋根は耐震・台風を考慮し、様々な工夫がされているが、葺き替えには仮設足場を要し、築40年ともなれば、どっさり積まれた土と瓦を落し、屋根下地を調整したうえで新しい屋根瓦を葺く、新築と比較しても作業工程が多く、費用は増大する。入母屋であればさらに役物や装飾瓦が加算される。35件の内30%の家が同じ悩みを抱えていた。

 

日本人は家を建てるまでは一生懸命になるが建ててしまえば殆どメンテナンスをしない国民だと言われてきた。災害保険に満足な形で加入している人も少ない。

 

年々気候変動が激しく台風も巨大化する傾向にあるとすれば、日頃からのメンテナンスもさることながら、建築計画の段階からメンテナンスを考慮したデザインや素材の選択が不可欠になる。

 

百年、二百年を耐え、何代にも渡って受け継がれてきた古民家を易々と潰していいものか、古民家を負の遺産にさせないためにも愛情を込めたこまめなメンテナンスはかかせない。

 

どこか山林のさだめにも似て憂う。

 

(「木族」2018年10月号より)

猛暑…無理なく自然に向き合って

朴訥の論

西日本豪雨災害で多くの死者が出た被災地に猛暑が追い打ちをかけ、熱中症が続出していると聞く。統計によると熱中症の60%は屋内で起きている。環境省はクールビズの観点から室温を28度に設定することを奨励していたが、あくまでも目安とし体感での調整を促している。

 

断熱性能を高めれば冬季の快適性はアップするが、外気温が上がれば自ずと室温は上がるため夏季には室温を下げる工夫が外せない。自然の通風か、クーラーに頼るか、窓からの日光を遮る、打ち水などで気化熱を利用など、自分に合う方法で断熱・遮熱に取り組んでほしい。

 

 

 

断熱と言えば今も鮮明に記憶に残る家がある。

 

20年前に「できるだけ金額を押さえて欲しい。残りの人生を住宅ローンの返済だけで終わりたくない」という方がいて、自然素材を使いコストをどこまで押さえられるかに挑戦した。

 

10年前に中古住宅を購入し、子育ての過渡期を経て建て替えるという計画を実践された。居間の壁にはそれを象徴するように10年間の落書きが大胆に描かれていた。神戸の奥座敷に位置し、山林を切り開いた裏庭は時折、雉やイノシシが顔を出す。その方を理解するには現況の住いから学ぶことは多い。まず設計による経済性から切妻屋根とし、内部もごくシンプルに提案したまでは良かったが、ローコストを目指しながら、途中からはコストアップに繋がる要求が目立ち始めた。

 

浴室はモルタル仕上げに据置型のバスタブとし、裏庭に直接出られる掃出しの開口を設け、浴室のリビング側をガラスにすること等々。アップした価格の調整を計られたのか、内壁下地の石膏ボードが嫌だから筋違や断熱材が見えた状態でよい、と主張された。

 

さすがに断熱材が見えるままで完成とする勇気もなく外断熱にし、筋違が見える形で引き渡した。冬季の気温は大阪市内と比べ10度は低く、床下と壁面からの隙間風を懸念し、内壁を施工するよう説得したが受け入れられなかった。入居後、早い時期に自分で施工すると言われていたが、その後施工された様子はない。計画時、あらゆる本を読破され、それに翻弄されたようにも見受けられた。

 

昨年春、夫人から「夫が亡くなり、家を売却しました」というお便りをいただいた。20年間寒い冬を過ごされたと思うと、もっと強く推すべきだったかと後悔する。

 

自然と向き合い暮らすことは一つの夢でもあるが、無理のない程度であってほしい。住いは第三の皮膚でもあるのだから。

 

(「木族」2018年8月号より)

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.