国産材コラム

TOP > 国産材コラム > えんがわ

国産材コラム

「えんがわ」コラムの記事一覧

オフが充実すればオンの仕事にもやる気

えんがわ

今年のゴールデンウイークは7連休をいただきました。(他のスタッフは暦通りでした!ごめんなさい)まとまった休みには、平日は中々できない家事たちをやっつけます。

 

台所では換気扇の掃除、食器棚のガラス拭き、冷蔵庫の食材出して把握&片付け&掃除、等々。(この前奥から出てきたジャムの蓋を開けると青カビが~)浴室ならお風呂のタイルや脱衣室、洗面の掃除など。また季節の変わり目は、家電製品の入れ替えや衣替え、寝具も冬の物から夏仕様に替える等、それに伴い掃除や洗濯がついてきます。

今までは貴重な休みを使ってみんな私がやっていました。でも最近これは私だけがやらないといけない事なのかな、と思い始めていました。13歳年上の主人は自営業もコロナからほぼ廃業状態で、今は地域の民生委員を引きうけ、それ以外は自由な時間を過ごしています。子ども3人はみな成人し、4回生の娘以外はみな社会人。みんなで家事は分担したり、助け合ったりするものでは?

というわけで、それぞれの時間のある時に私が一緒に手伝う形で家事をするようにしました。お陰で今回は連休に1泊2日の旅行に出かけることができました。外出する時に用意していたご飯の支度もやめました。みんなもう大人。自分でできるしね。

自分だけの時間を持てることがこんなにも嬉しく楽しい事を知り、今充実しています。オフが充実すればオンの仕事にも俄然やる気が出てくるんですね。50代半ば、まだまだがんばろ~!

 

(「木族」2022年6月号より)

話は長くても指導適確

えんがわ

3月に入るとぐっと暖かくなり、寒さから解放され気分もウキウキ~!っと喜んでいるのも束の間、今年もやってきました花粉症。幼い頃からアトピー性皮膚炎で冬になると全身が痒くなり体中に湿疹ができ、運動すると肌の表面は冷えているのに、体の中が温まりその温度差でさらに痒くなります。

 

数年前にも早起きしてウオーキングをしたことがありましたが、まだ肌寒い朝に1時間速足で歩くと体が熱くなり、下半身の特に太腿あたりに痒みが生じました。それがつらくて早朝のウオーキングは長続きしなかったのです。(とそれを理由にしたい…)

 

花粉症を発症してから、もう30年近く経ちますが、ここ10年くらいは症状がひどく、耳鼻科で薬を貰い服用しています。家事による手荒れや痒みのため皮膚科通いもずっと続けていますが、2年程前に話好きの先生から、『痒み止めに出している薬を花粉症が始まる少し前から飲むと効果があるよ』と教えてもらい早速実践、すると症状も緩和され耳鼻科受診も不要になり、いいことだらけの展開に。

 

幼少期からいろんな皮膚科に通院してきましたが、今の先生と出会い保湿を心掛けるようになってからは手荒れもほとんどなくなったので、いいよ!と家族にも勧めたのですが『あの先生は話が長いからな~』とやんわり拒否。どんな病気でも病院選びは中々難しいですが、自分の体と向き合い何が自分に合っているのかを見つける事ができればいいですね。『今日は先生の話を聞くぞ~』と小っちゃな気合を入れて通院しています。

 

(「木族」2022年4月号より)

もうギックリ腰はゴメンだ

えんがわ

50歳半ばが近づいて年々代謝が悪くなり、体のあちこちに脂肪が蓄積されています。追い打ちをかけるようにコロナ禍で増えた体重はプラス5キロ!出かけることが少なくなり、増えた家飲みと食べすぎと運動不足が原因?そのせいか昨年のゴールデンウイークには何年かぶりかにギックリ腰に。

 

日々の食事を少し見直したくらいでは、そうそう体重は減ってくれません。片道25分の自転車通勤も電動自転車では大した運動にならず、どうにかしないと…と焦りはじめた頃、30分フィットネスの1ケ月無料体験を紹介してもらいました。

 

これまでも何度かシステムや口コミを調べたことがありましたが、仕事帰りに行くことになるため晩御飯の支度の事や、土日が休みで利用できないこと事などが引っかかって踏み切れずにいました。しばらく葛藤の日々が続きましたが、ついに決断!今やらなきゃ、一生このままだと思いました。

 

週2で行くと決め、始めて1ケ月。30分で終わるからか仕事の後でも案外気楽に通え、気になった夕飯も意外に家族が協力してくれて助かってます。運動量も途中から汗ばむくらいで苦にならない。キツイと長続きしない私にはちょうどいい感じ。ただ体重を減らすためには他にも努力が必要な気がしますが…。

 

とりあえずは続けることで少しでも筋肉をつけたいです。もう二度とギックリ腰にはなりたくないので。

 

(「木族」2022年2月号より)

苦手克服のチャンスに

えんがわ

「柳川さんも、百字でも二百字でもいいから書いてみたら?」そんなボスのありがたいお言葉により、コラムを書かせていただくことになりました。国産材住宅推進協会の事務員で、建築士でもない私が何を書けばいいんだろう?…と暫く本気で悩んでおりました。

 

みんなの木族の原稿をまとめて編集者に送るのが私の仕事で、どうやったらこんな風に書けるのかといつも羨ましく読んでいました。文章を書くのが苦手で、ブログを書く時でさえ何度も読み返し書き換えるので、何時間もかかってしまいます。こんな私がまさか書く立場になるなんて!

 

初めてのバスツアー時にも「バスの中で自己紹介も兼ねて5分くらいでいいから喋って」と言われ、何日も前から悩み前夜は緊張して眠れませんでした。回数を重ねる毎に段々慣れてはきましたが、今でも当日は緊張して頭が真っ白になることもあります。

 

苦手なものを克服するには随分時間がかかりそうですが、これをチャンスと思い頑張ってみようと思います。気楽に読んでいただければ嬉しいです。

 

(「木族」2021年12月号より)

(C) 2017 NPO法人国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.