国産材コラム

TOP > 国産材コラム > 暮し方上手

国産材コラム

「暮し方上手」コラムの記事一覧

それぞれにメリットとデメリットが

暮し方上手

「人生は選択の連続である」シェイクスピアの名言です。住まいの竣工時にお施主様から必ず耳にするのが「1軒の家を建てるのに、こんなにたくさん決めないといけない事があるんですね」というご感想です。

 

ハウスメーカーのように決まった仕様があれば楽でしょうが、こだわりの家を建てるにはお施主様と一緒に決めていく項目はとても多く、それだけ考え抜いた家だからこそ、皆さん愛着と満足感もひとしお。一つ一つ決めていく過程で、全体のバランスを見ながら提案するのが設計者の仕事でしょう。

 

材料の選択で最も悩む「外壁」について前回の屋根に続いてご紹介します。

 

大きく分けて塗装の有無があります。塗装をする材料の方が当初は安くなりますが、性能を保つために塗り替えないといけません。立地条件でも大きく左右されますが、理想では15年ごとに、実状としては20年経った頃に大きく費用が掛かります。ただ、塗替えると新築のように清々しいものです。補修性もとても良く、外壁に関しては水性塗料が主流なので安心かと思います。

 

塗装をしない素材でよく使うのが、火山灰を使った『そとん壁』という左官材料と『ガルバニウム鋼板』です。30年位はメンテナンスがいらないと言われる素材ですが、どちらも傷がついた時は補修しにくく、できたとしてもそこだけ目立ちます。そとん壁自体はカビが生えませんが、壁に引っかかるホコリ等にカビが生えることもあります。メンテナンスをしないということは傷や自然と共に寂びれていく事を受け入れることが必要になります。

 

まずは選択肢があることを知り、メリットとデメリットも理解して選んでください。

 

(「木族」2019年2月号より)

耐久性、メンテナンスも考えて

暮し方上手

冬至に向かい、夜が長くなってきて、街中のクリスマスツリーも輝き、一年も後少しとなってきました。

 

さて、まだ関西では、ブルーシートで仮補修された屋根や外壁が目立ちます。私の近所でも日本瓦屋根の被害が多く、井戸端会議では「日本瓦はあかんなぁ、最近建った建売住宅の薄い屋根材のほうがどうもなってへんから、ええんとちゃうか?」という声を聞きました。

 

日本瓦は日本の風土にあった屋根材で、耐久年数も長く、特に20~30年程前からは、瓦を一枚ずつ留める工法に改良されているので、風や地震の被害を受けにくくなっています。

 

被害にあった日本瓦の屋根は、ほぼそれ以前の工法で、土を敷いて瓦を土に馴染ませながら載せたものです。

 

最近、耐震性のことで日本瓦が避けられる傾向もありますが、瓦好きとしては、もっと良く知って欲しいところです。

 

それと話の中で出た「薄い屋根材」とは、スレート屋根と呼ばれ、セメントを平らに固めた製品です。とてもお求めやすい価格なので、建築費を抑える為によく使われています。しかしこの屋根材は10~15年くらいでメンテナンスが必要になるので、トータルで考えた経済性はどんなものでしょうか?

 

日本瓦の次に耐久年数が長いのは、ガルバリゥム鋼板葺きで約30年と言われます。緩い屋根勾配でも使えて、デザイン性にも長けています。

 

今回は台風の被害でしたが、屋根や外壁は、紫外線や雨風にさらされ、住まいの中でも過酷な条件下にあって傷みやすい部位です。目先の金額だけでなく、メンテナンス性なども理解した上で選択してほしいものです。

 

(「木族」2018年12月号より)

相手の気持ちを想像する力を…

暮し方上手

台風21号から約1ケ月経ちます。台風の中心から東側だったので、私が住む堺市でも被害が多く、爪痕も生々しく、ブルーシートの養生をした屋根や外壁が目立ちます。

 

我が家は瓦2~3枚ずれただけの最小の被害でしたが、多くの方が早く修理して欲しくても、いつしてもらえるかわからない不安な状態が続いています。

 

災害の度にですが、人手や材料が足らず、建築業界の流れが滞っています。

 

さて最近、スポーツ業界での体罰やパワハラの報道が絶えません。頂点を目指していくには並大抵の努力でなく、指導に熱が入ることもよくわかります。体罰・パワハラも、スポーツ業界だけでなく、上下の立場がある場合には意識していないと起こりえることです。暮らしの中では、親子関係でも。

 

「人は経験したことしかわからない」と言われます。選手時代に体罰を受け、嫌な思いをしてても、よい成果が出た経験があると体罰を正当化し、それを使った指導をすることが当たり前になります。体罰だけでなく、精神的に追い詰めたり、脅したりする指導も同じです。

 

合わせて、指導している相手が思い通りに行かない状態になると怒りが先に立ちます。怒りという感情が出ることは自然ですが、その後どうするかは選べますし、そもそも思い通りにしようという考え方も変えれます。これは子育てにも通じるところです。

 

多くの場合は経験以外の指導の選択肢を知らないまま実践し、感情が先立ち体罰等を繰り返しているのでしょうか。経験以外に、相手の気持ちを想像する力や、多くの選択肢を学ぶことがとても大切に思います。

 

(「木族」2018年10月号より)

 

本当に難しい でもあきらめずに

暮し方上手

蝉の鳴き声で暑さが増します。冷房嫌いのお施主さまも多く、夏をできるだけ涼しく過ごせるよう設計していても、今の暑さは一時期のことなので、上手に冷房とお付き合いして室内での熱中症にならないよう凌いで欲しいです。

 

協会主催にて、土地や中古住宅を購入の検討をしている方にむけてセミナーをしています。ハウスメーカー勤務時代に約400件の土地の調査をした経験と、中古住宅のリノベーション設計を通しての経験を基に、後悔しない選択方法をお伝えしています。

 

土地や中古住宅の状態を見極める難しさは、現在調査していても毎回実感します。建築士の視点で調査した問題点や良いところをお伝えすることはできても、最終決断するのは買い主さんです。

 

土地、中古住宅について何もわからないのは当然で、慎重に判断したくても、不動産屋さんから他の方も検討していると言われると急かされるようで、人生で最高額の買い物を短期間で決めないといけないのが現状です。

 

最近「山津波」という言葉を中古住宅を探している方から教えてもらいました。土石流のことです。先日の地震や豪雨で、自然災害の怖さを実感された方も多いと思います。海辺は津波、山側は山津波、川近くは氾濫。住む場所が限られそうですが、危険を承知の上で住んでいる方もいれば、それを避けた場所を選ぶ方もいて、改めて考えることなく、皆住みたい場所に住んでいます。

 

土地や中古住宅を選ぶ時、住みたい場所の最優先条件を決めることも大切です。夢がふくらみ、条件が多いと合致する土地はなかなかみつかりません。

 

土地、中古住宅探しも「ご縁」のものです。あきらめずに、住みたい場所を探して欲しいものです。

 

(「木族」2018年8月号より)

知ってほしいことがいっぱい

暮し方上手

梅雨入りのこの頃、紫陽花が咲く場所によって花の色も違い、その美しさをご近所さんのお庭で楽しんでいます。我が家の猫額の庭にも来年咲くように植えようかと思案し、どんな色になるか考えるだけでもワクワクします。

 

20年程前に一緒に仕事をしていた元上司から久しぶりに連絡がありました。現在も当時と違うハウスメーカーで、日本各地を忙しく飛び周り活躍されているとのこと。私は今も国産材を使った住まいの設計をしていると話すと「そうや、健康住宅の設計してたんやなぁ。」と思い出すように言われたのですが、この「健康住宅」という言葉がひっかかりました。そう言えば自然素材を使った住宅が出始めた頃、そう呼ばれたこともありましたが一時期のことだったので記憶にもなく、不意をつかれたかのようでした。この違和感はなんだろうか?電話を切った後、ゆっくり考えました。

 

心身共に「健康」である住まいづくりは当たり前すぎて、わざわざ打ち出す必要もないことと「健康」以外にも大切な要素があることを理解してもらっていないように感じ、釈然としなかったのです。

 

国産材を使う意味や、なぜ国産材が使われなくなったか、森のこと、そして森だけでなく環境の循環・海との繋がりがあることや、杉材の調湿性や足触りの良さ、やさしさ等、伝えたいことはたくさんあり「健康住宅」という言葉だけで片づけてほしくなかったのかもしれません。

 

お施主様だけでなく建築にたずさわる人達にも、もっと国産材のことを広く知っていただきたく、住まいに国産材を使うことが当たり前になる時代になることを切に願っています。

 

(「木族」2018年6月号より)

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.