国産材のあれこれ

TOP > 国産材のあれこれ > 8. 木造住宅にはどれくらいの木材が使われていますか

国産材のあれこれ

8. 木造住宅にはどれくらいの木材が使われていますか

住宅工法や施工方法によっても違うのですが、一般的な木造在来工法による住宅では、(社)日本木造住宅産業協会のデーターによれば、延床面積128㎡の住宅には一棟あたり23.7m3の木材が使われているようです。

1㎡あたり0.185m3になります。

当協会の工務店(㈱建築士事務所民家)では、128㎡であれば54m3になり、1㎡当たり0.42m3の木材が使われています。

S-P1070957 

 

協会での国産材利用(スギ・ヒノキ・地松・唐松など)

構造材(骨組)・・・・管柱・通し柱・梁・桁・土台・母屋・棟木 など

羽柄材(野材)・・・・・間柱・根太・垂木・筋違いなど

造作材(化粧材)・・・敷居・鴨居・枠材・階段材

内装材・・・・・・・・・・床材・壁材・天井材

造付け家具・・・・・・カウンター・キッチン・下駄箱・テーブル・洗面台・本棚ほか

 

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.