セミナー・見学会

TOP > 国産材コラム > 杉と微風でアトピーが劇的改善

国産材コラム

杉と微風でアトピーが劇的改善

暮し方上手

昨夏に築31年の木造2階建てにお住まいで、主に1階LDKの改装をした方より、2階の和室の畳も杉板に張り替えたいと冬前にご依頼がありました。

 

1階の改装工事中に、仮住まいへ引っ越しをされたのですが、1歳の時から専門医にかかる重度のアトピーのお子様が、その仮住まいで症状が悪化し困られたそうです。やっと改装工事が終わった家に戻ると、杉のいい香りがしていて、ご家族みんな大喜びです。しかしお子様は、杉板にした1階では症状が出ないのに、寝室にしている2階の和室へ上がると症状が出ます。

 

これは畳が原因?と思い、他の安心できると思った方を通じて畳屋さんに下見に来てもらったのですが、その畳屋さんから「アトピーならこの畳表がいいよ」と樹脂でできた畳表を勧められ違和感しかなく、ご夫婦で話し合われ、それならば杉板にしたほうが安心と切り替え、お声をかけていただいた次第です。

 

今回2階の和室だけでなく、階段や廊下の床も杉板で増し張りし、家中の合板の床は見えなくなり、前回に引き続き、和室の壁をご親族も参加してご家族で『微風』塗りに再チャレンジされました。

 

年明けにお子様のアトピー外来の主治医さんから「もう何も言うことないよ」と通院の終わりを告げられたそうです。他の手立てを尽くされたこともありますが、杉と『微風』の効果と喜ばれています。

 

最初お会いした時は、「この家にずっと住むかわからないけど…」とお話しされていましたが、杉と『微風』で空気が変わり、ご家族で塗った思い出もあり、長く愛される家になったと感じて変化したのではないでしょうか。

 

(「木族」2021年2月号より)

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.