セミナー・見学会

TOP > 国産材コラム > 木製建具のはなし

国産材コラム

木製建具のはなし

ごまめの歯ぎしり

既成の建具でなく、建具屋さんによる手づくり建具の

ことですが、皆さん背が高くなったのは分かるんだけど

最近、やたらめったらタッパの高い建具が多いようです

とくに新進気鋭の若い設計やさんが好まれる様で・・

もちろんお施主様のご希望でもあるのですが・・・

その場合、余程素地の良い木材(高価)を使わない限り

反りや捻りが生じ、引き違いの場合は特に建具同士

が擦れて開閉が困難になる率が高いようです。

P1050840

そこで建具やさんに聞いてみました。

基本的には2m迄なら、木材の効率もいいのですが

2mを超えると材料にもロスが生じ、結局高いものに

なってしまうとか、又、背を高くするとどうしても木材

の反り狂いが生じ、リスクが高くなるようです。

玄関ドアの背を高くし過ぎると重くなり、蝶番に負担

がかかり過ぎることもあるようです。

過去の例として、

幅広で背の高いアルミサッシを入れたところ

最初は明るくてよかったんですが、

10数年が経過し、70歳を過ぎた頃から

その重さに泣いた方がおられました。

なにごともほどほどがよろしいようで・・・

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.