国産材の新築・リフォーム

TOP > 国産材の新築・リフォーム > 浜風がここちいい住まい【泉大津市 S邸】

国産材の新築・リフォーム

[新築]

浜風がここちいい住まい【泉大津市 S邸】

 

 

主要構造:木造2階建

設計:フロー一級建築士事務所

施工:建築士事務所民家

竣工:平成26年12月

 

 

大阪の泉大津市のお住まいは、近くに海があり気持ちのいい浜風がよく通る地域です。

「冷房が苦手なので風通しがよく、夜も1階寝室で窓を開けて寝られるようにしたい」

が、ご要望の一つでした。このご希望を満たすために、泉大津市地域の夏の夜の風向きを調べ、風向きを考慮しそれに合わせて部屋を配置させました。また、光についても季節ごとに考慮して空間づくりを行いました。

 

 

 

構造材は、高知県梼原のFSC材を使用しています。

床下周りの土台・大引などはヒノキの芯の部分を、梁や柱には杉を、通し柱にはヒノキを使っています。

 

 

 

 

床は、奈良県吉野産の杉(巾215㎜)の無垢板を張り、壁は自然素材の塗り壁(珪藻土)を施しています。お施主さまのご要望で、収納も充実させ納戸を5帖設けた上に玄関収納、キッチン収納庫、小さな棚など所々に収納できるスペースを設けています。

 

 

19帖の広さのLDKは開放感をもたせるために、水平梁、柱を設けず、すっきりとした勾配天井にしています。水廻りを北にまとめキッチンの真横に物干しと勝手口を設け洗濯物を干す、ゴミを捨てるなど動線を短く、できるだけシンプルにしています。

 

 

掃出しの窓を全開口することでLDKから続くデッキと庭が一体感のある空間として広がります。

 

屋根はガルバリウム鋼板縦はぜ葺き仕上げ、外壁はそとん壁仕上げとなっています。

室内の壁は珪藻土仕上げですが、下地には石膏ボードを使わず、木摺りを壁一面に張りつけるという昔ながらのやり方を用いたこだわりの住まいです。

 

 

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.