国産材の新築・リフォーム

TOP > 国産材の新築・リフォーム > 感じる光と風、広く自然がいっぱい 【西宮市 T邸】

国産材の新築・リフォーム

[新築]

感じる光と風、広く自然がいっぱい 【西宮市 T邸】

S-DSCF2205

主要構造:木造2階建

設計・施工:建築士事務所民家

竣工:平成24年8月

 

 

 

阪急沿線の人気のエリアから徒歩圏にある静かな住宅街。

築40年の社宅だったという住宅を買い上げ、この機会にと

建て替えを決意されました。

「箱みたいに区切られた昔の間取りだったので、敷地の

わりには家のなかは窮屈。使いづらかったんです。」

とTさん。

 

屋根面をフル活用されたソーラーパネルは、

ご主人の会社の製品を選ばれました。

(写真には写っていません、ごめんなさい!)

 

S-DSCN6400

 

アプローチを抜け玄関のドアを開けた瞬間、そのギャップに

驚かされます。

S-FH000025

 

S-FH000017

 

東面いっぱいにとった窓は、リビングをより

明るくし、吹き抜けにかかる斜め廊下に圧倒されます。

リビングには30ミリ厚の杉の床板を使い、壁には

調湿といやな臭いを吸収分解する塗り壁材「そよかぜ」を

使いました。

S-FH000018

 

S-FH000009

Toshinetei2F

 

「リビングは広いだけでなく、光と風を感じる自然いっぱいの

空間になりました。天気のいいときは、電灯なしでも十分

明るいですね。掃除がしやすく手入れのラクな住まいに

したいとか、細かいリクエストに応え、うまく設計していただいたと

思います。主人がリクエストしたのはたったひとつ、陽のあたる

明るいお風呂なんですよ(笑)」と、笑顔で話される奥さま。

 

Copyright(C)NPO法人 国産材住宅推進協会 All Rights Reserved.